男子マラソン・福田穣 “銀河系軍団”合流へケニアに出発「どう進化できるかが楽しみ」

[ 2021年1月23日 23:09 ]

ケニアに向けて出発したプロランナーの福田
Photo By スポニチ

 男子マラソン世界記録保持者のキプチョゲ(ケニア)が所属する「NNランニングチーム」に日本人選手として初めて加入した福田穣(30)が23日、チーム合流のために成田空港からケニアに出発した。福田は「今はケニア人選手たちと次元が違うけど、少しでも近付けるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 標高約2400メートルのケニア・カプタガットで約3カ月間の合宿を予定。コロナ下でマラソン出場は未定だが「まずは高地に慣れる。自分のベースを上げることに注力したい」と成長を誓う。

 プロランナーでケニア合宿経験のある神野大地(27=セルソース)からも現地情報を収集したという。「みそ汁は持参しました。あとは味が薄いと聞いたのでしょうゆ。なるべく現地ケニアの食にも慣れたい」と話した。

 キプチョゲだけではなくハーフマラソン世界記録保持者のカムウォロル(ケニア)ら世界トップ選手が在籍する陸上界の“銀河系軍団”で己を磨く。22年の米ユージーン世界選手権出場を目指す30歳は「チーム内での力は一番下という状況だが、そこからどう進化できるかが楽しみ。ケニアでの成果をユージーンにつなげたい」と決意を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月23日のニュース