大塚祥平 転倒も粘って2位 東京五輪補欠選手の“意地”で自己ベスト更新

[ 2020年12月7日 05:30 ]

福岡国際マラソン ( 2020年12月6日    福岡市・平和台陸上競技場発着 スタート時の天候=晴れ、気温13・5度、湿度55%、北西の風0・7メートル )

2時間7分38秒で2位の大塚祥平
Photo By 共同

 大塚祥平が東京五輪補欠選手の意地を見せた。レース序盤の7.5キロ付近で転倒。左膝から出血しながらも粘りの走りで自己ベストを更新し「終わった後こんなに血が出ていたという感じ。転んだが落ち着けたのであれはあれで良かった」と振り返った。

 来夏のスクランブル出場に対応できる準備はできている。「力を出し切れたので自信にしてこれからに生かしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月7日のニュース