レイブンズでさらに2人が陽性反応 10日連続で感染判明も敵地ピッツバーグに移動

[ 2020年12月2日 10:23 ]

検査で陽性反応を示したレイブンズのQBラマー・ジャクソン(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルスへの感染者が続出しているNFLのレイブンズ(本拠はメリーランド州ボルティモア)で1日、選手1人とスタッフ1人が検査で陽性反応を示したことが明らかになった。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、同チームで感染者が出たのは10日連続。選手では昨季のリーグMVPに輝いたQBラマー・ジャクソン(23)ら少なくとも12人が陽性反応を示して感染者リストに登録されている。

 1日になって3番手のQBトレース・マクソーリー(25)ら4人がリストを外れたが(出場可能なのは3人)、2日に予定されているスティーラーズ戦はジャクソンを含む主力選手数人を欠いての戦いとなる。

 この試合は当初11月26日に行われる予定だったが、レイブンズで感染者が続出し、一時20人以上がリストに入ったために、NFLは29日→1日→2日と3度も延期。レイブンズは1日の午前に練習したあと夕刻にボルティモアから空路で敵地ピッツバーグ(ペンシルベニア州)に向かった。

 開幕前に優勝候補だったレイブンズはここまで6勝4敗と苦戦。一方、スティーラーズは開幕10連勝と破竹の快進撃を続けている。

 なおレイブンズでは2番手のQBだったロバート・グリフィン3世(30)がスティーラーズ戦で先発すると見られている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年12月2日のニュース