八村「去年学んだことを生かしたい」2季目へ始動 PO進出への思いも

[ 2020年12月2日 10:03 ]

八村(AP)
Photo By AP

 NBAウィザーズが1日、22日の新シーズン開幕に向けてキャンプインした。2年目を迎えた八村塁(22)がオンラインで取材に応じ「去年は最初のシーズンで何も分からないまま入り、アジャストしながらだった。今年も不規則なシーズンになると思うが、去年学んだことを生かしたい。昨季はプレーオフを逃してしまったが、今季はチームとして絶対に逃したくない。すごくチャンスはあると思う」と抱負を語った。

 昨季は48試合に出場して、1試合平均13・5得点、6・1リバウンドを記録。主力として活躍した。8月のシーズン終了後は母校ゴンザガ大や日本に戻り、リフレッシュ。10月から自主トレを始め、ウエートトレーニングや3ポイントシュートの精度アップに時間を割いた。個人トレーナーと契約しており「動きをよくするためのトレーニングをしてきた。夏から体重は5キロくらい増えた」と明かした。

 新シーズンの閉幕直後に迎える東京五輪については「出場できるチャンスがあることはうれしい。まずはNBAに集中してしっかりやっていくが、五輪も前から出たかった大会なので、シーズンが進むにつれて少しずつ考えていきたい」と改めて意欲を示した。ウィザーズは今月13日からプレシーズンマッチ3試合を行い、22日の開幕戦に備える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年12月2日のニュース