ルーキー再び快投!伊予銀行・黒木、最終回に粘り見せ3試合連続完投勝利!

[ 2020年10月13日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボール1部リーグ   伊予銀行4―3シオノギ製薬 ( 2020年10月12日    高崎市ソフトボール場 )

<シオノギ製薬・伊予銀行>3試合連続完封は逃したものの、完投で3勝目を挙げた伊予銀行・黒木(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 第53回日本女子ソフトボール1部リーグ(日本ソフトボール協会・日本女子ソフトボール機構主催)は12日、栃木・宇都宮市、群馬・高崎市、横浜市で第8節の6試合を消化した。伊予銀行のルーキー、黒木美紀投手(23)はシオノギ製薬を3失点に抑え、3試合連続完投勝利。トヨタ自動車は1敗、太陽誘電、豊田自動織機、ビックカメラ高崎はそれぞれ2敗を守った。

 0で抑えるより、価値のある3失点完投だった。4―0のリードを背負い、黒木は7回のマウンドへ。3試合連続完封までアウト3つに迫り、静かな湖面のような心が少しだけ波立っていた。

 「完封というより、最初の打者だけしっかり抑えようと。それで打たれて焦って、ボールを揃えすぎてしまいました」

 先頭の代打・宇野に中前打を浴び、1死一、二塁から代打・比護に左中間へ2点適時打を許し、完封が消えた。代打・加藤を右飛に仕留め、2アウトまでこぎつけたものの、谷本のタイムリーで1点差に迫られた。さらに児嶋を歩かせ、2死一、二塁と絶体絶命の状況で勝負強い古藤を打席に迎えた。

 「点を取られて一気に力が抜けた。これで思い切り投げられると思った」

 東京富士大から加入した右腕は、ハートの面でも並ではない。シオノギ製薬の3番打者に強烈なファウルを何度も打たれながら、最後は外角への抜いたボールで二ゴロに抑えた。

 「新人バッテリーが粘り強くやってくれている」

 秋元理紗監督は捕手の安川とともに、黒木を称えた。チームは3連勝。4勝3敗と1つ白星が先行し、創部初となる決勝トーナメント進出が現実味を帯びてきた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月13日のニュース