バレーボール男子・柳田将洋、女子・荒木絵里香が食に関するトークショーに参加 思い出の一品は?

[ 2020年9月29日 22:05 ]

オンラインファンミーティングに参加した荒木(右上)、柳田(下)とMCを務めた大山さん(左上)

 バレーボール男子の柳田将洋(28=サントリー)、女子の荒木絵里香(36=トヨタ車体)の日本代表両主将が29日、YouTubeライブで行われた「日清製粉グループpresentsバレーボール日本代表オンラインファンミーティング」に参加した。

 つい誰にでも語りたくなる、思い出の「ハッピーメニュー」を中心にトークショーがスタート。ママさんアスリートとして注目される荒木は、休日に娘と作って食べるホットケーキを挙げ、「一緒に食べることで元気になれます」と笑顔を見せた。柳田は実家に帰ると必ず食べるというお好み焼き。「母がよく作ってくれて、冷めてもおいしいです」とエピソードを語った。

 MCは28日に双子妊娠を発表した大山加奈さん(36)が務めた。多いときで約2410人が視聴。ファンから試合前の食べ物、海外リーグ挑戦中の食事など、食に関する質問が飛び、終始和やかな雰囲気だった。

 トークショーを終え、荒木は「楽しくてあっという間だった。今はなかなか直接プレーをお見せできないが、パワーを届けられるように頑張ります」。柳田は「参加者半分、視聴者半分で楽しかった。スポーツの力はどんな形でも与えられると思うから、練習を頑張って試合で勇気を与えていきたい」とそれぞれファンにメッセージを送った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月29日のニュース