【渋野と一問一答】後半崩れ「4日間の集大成にしては本当に情けない」 経験を「自分につなげたい」

[ 2020年9月14日 08:26 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション最終日 ( 2020年9月14日    米カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

渋野日向子は最終日を悔しそうな表情で振り返る

 21位から最終ラウンドをスタートした渋野日向子(21=サントリー)は1バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの78とスコアを落とし、通算2オーバーの51位で大会を終えた。

 渋野との主な一問一答は以下の通り。

 ――1日を振り返って
 「前半すごい耐えてた中で、後半の6つ落としたのは、4日間の集大成にしては本当に情けないと思います」

 ――スタート前の気持ちは
 「最終日だったので攻めのゴルフができれば、アンダーが出れば、3日間終えての位置よりも上位にいけたらいいなと思っていたので。2番でバーディーが来て、良い流れかなとは、その場面では思ってました」

 ――また来春には戻ってくるとは思いますが。
 「季節が違うので、また違う難しさを来年は受けると思う。自分がこの6カ月ぐらいでもっと成長して、帰ってこれるように、頑張りたいと思います」

 ――4日間通じてやったことで復調の手応えは
 「今日の後半は全然ダメだったんですけど、パッティングに関しては本当にきょうの前半までずっと良かったと思います。3パットもそれまでひとつもなかったので。3パットはないのはボギーの数も減らせますし、そういうところはこれから先、1打ずつ縮めていけるなとは思いました」

 ――来週もアメリカで試合が続きます。どういうことを念頭に
 「まず来週のコースがまったく分からない状態なので、練習ラウンドでいろいろ見ながらではありますけど、今の私に大切なことは予選通過をすること。次はまだアメリカ2戦目ではあるので、いろんなところでいろんな経験をしてまたこれからの自分につなげていきたいと思います」

 ――今一番やりたいことは
 「やりたいことか~、そうだなあ、あの、家族に会いたいです。あははは。やりたいこと特にないですね。ベッドにダイブしたいです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月14日のニュース