花園100回大会へ 先陣を切って宮城で開幕 仙台工が抽選で2回戦へ

[ 2020年9月3日 05:30 ]

ラグビー全国高校選手権 宮城県予選1回戦 ( 2020年9月2日    宮城県利府町・めぐみ野サッカー場 )

抽選の結果、2回戦進出が決まり喜ぶ仙台工フィフティーン
Photo By スポニチ

 節目の100回大会となる聖地・花園を目指す高校生ラガーの熱き戦いが全国の先陣を切って始まり、開幕試合は仙台工が合同(仙台南・仙台東・仙台二、古川工)と12―12で引き分け、抽選で5日の2回戦進出を決めた。新型コロナウイルスの影響で、同県内では3~5月の部活動が完全に停止。逆境を乗り越えた若者たちが、プレーできる喜びをグラウンドで体現した。

 抽選結果を不安げに待つ部員にSO星主将(3年)が「次もあるぞ」と告げると、一瞬コロナを忘れて喜び合い、次の瞬間、再び冷静さを取り戻した。序盤からリードを許す苦しい展開。7点差の後半19分に同点のトライとコンバージョンを決め、くじ引きでも殊勲を立てた星は「先行されても絶対に取り返す気持ちだった。(トライは)練習でもスルスル抜けるので自信があった」と振り返った。

 6月から部活動も再開したが、感染予防の観点から、練習内容は手探りが続いた。特に先発5人を占めた1年生は全員が初心者。完成度は例年に及ばないが、阿部宏喜監督は「(活動再開時から)とにかく生徒の表情が良かった」と振り返る。7月には縁あって、トヨタ自動車のフッカー川西智治のオンライン講座を全員で受講。あの手この手を使い、この日にたどり着いた。

 インターハイが中止となり、不完全燃焼のまま3年間の部活動を終えた同級生は数え切れない。「プレーできることに感謝したい」と星。たとえ抽選結果でも、つながった“命”を無駄にはしない。

 ▽今年度の全国高校ラグビー大会 第100回の記念大会で、全国から63校(例年は51校)が出場。12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、来年1月9日に決勝が行われる。宮城県の代表は1校だが、準優勝チームが東北6県プレーオフに進出し、優勝校が東北地区の代表となる。各都道府県でも今月中に予選がスタート。野球(甲子園)やインターハイは中止されたが、高体連はサッカーや冬季競技とともに、ラグビーの全国大会の開催を目指している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月3日のニュース