NFLの66選手が今季の出場を辞退 新型コロナウイルスの特例措置で“全休”を選択

[ 2020年8月7日 09:01 ]

「全休」を選択したペイトリオッツのLBハイタワー(右=AP)
Photo By AP

 9月に開幕するNFLでは新型コロナウイルス感染へのリスクを考慮して、選手が出場するかしないかを選択できるようになっていたが、6日の締め切り日までに計66選手が申請手続きを完了。ポジション別ではすべてのプレーで相手と接触する機会が多いラインマンが半数近い31人(オフェンス20人、ディフェンス11人)を占めた。

 健康上のリスクを有している選手が“全休”を選択した場合には35万ドル(約3700万円)が支給されるが、そうでない場合の保証額は15万ドル(約1600万円)。AP通信によれば最多はペイトリオッツの8人で、全32チーム中、1人も申請しなかったのはスティーラーズ、ファルコンズ、チャージャーズの3チームだけだった。

 なおNFLは9月10日、昨季王者のチーフス対テキサンズ戦でスタートする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月7日のニュース