河本結、首位と4打差の16位「堅いゴルフができた」

[ 2020年8月7日 10:24 ]

河本結
Photo By スポニチ

 米女子ゴルフのマラソン・クラシックは6日、オハイオ州シルバニアのハイランドメドーズGC(6555 ヤード、パー71)で第1ラウンドを行い、ツアー再開初戦だった前週のドライブオン選手権で優勝争いを演じて4位だった河本結(21=リコー)はボギーなしの3バーディー68で回り首位と4打差の16位につけた。

 右の鎖骨と肩を痛めた影響でショットは精彩を欠いたが「数少ないチャンスを生かして、ミスしたところもパーを拾う堅いゴルフができた。そこは成長だなと感じている」と安堵(あんど)の様子。スコアの伸ばし合いが予想されるコースでスコアをまとめ「流れを切らないパーパットを何度も決めることができた。明日にいい流れが向く思う」と手応え十分に話した。

 野村敏京(27=Q CELLS)は70で42位。山口すず夏(20=環境ステーション)は73で104位と出遅れた。リディア・コ(ニュージーランド)とドライブオン選手権を制したダニエル・カン(米国)が64でトップに並び、1打差でメーガン・カン(米国)が続いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月7日のニュース