朝乃山 新大関無傷9連勝も平常心「自分の相撲を取りきりたい」

[ 2020年7月28日 05:30 ]

大相撲7月場所9日目 ( 2020年7月27日    両国国技館 )

隠岐の海(手前)を上手投げで破った朝乃山(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 朝乃山が隠岐の海を下し、11年九州場所の琴奨菊以来となる新大関の無傷9連勝を果たした。

 立ち合いすぐに左上手をつかんで攻め込み相手が左を巻き替えて出てくるところを上手投げ。取り直しとなった最初の一番と似た展開で白星をつかんだ。「(最初の一番は)攻められて投げたので、負けたかなと思った。2番目は右を差せず焦ったけど反射的に投げられた」。全勝は横綱・白鵬と2人だけ。「連勝記録とか勝ち星を意識せず、自分の相撲を取りきりたい」。平常心を保つよう努める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月28日のニュース