新大関・朝乃山“看板”の自覚「一緒に稽古している幕下力士を関取に上げるのも僕の役目」

[ 2020年7月8日 05:30 ]

朝乃山
Photo By スポニチ

 新大関の朝乃山(高砂部屋)は電話での代表取材に「地位も上がったし、一緒に稽古している幕下力士を関取に上げるのも僕の役目」と看板力士の自覚を新たにした。

 この日も四股やすり足など基礎運動で汗を流し、幕下力士と13番取ったという。後援会などからは新たに化粧まわしを2つ贈られたそうで、大関として初めて迎える場所に、準備も着々と進んでいる。昨年12月の冬巡業で訪れた熊本県人吉市が、豪雨被害を受けたことには「心配ですね。自分たちが何かできることがあればやりたい」と気遣った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月8日のニュース