炎鵬 動画見て貴ノ花の「まね」 強い足腰見習いたい!自粛期間にイメトレ

[ 2020年7月8日 05:30 ]

稽古をする炎鵬(右)
Photo By 共同

 大相撲の人気力士、東前頭6枚目の炎鵬(25=宮城野部屋)が昭和の名大関・貴ノ花を参考にして7月場所(19日初日、両国国技館)に臨む。7日は電話での代表取材に応じ、しばしば過去の力士の映像を見ていることを明かした。「相撲を取れない期間が長かったので、相撲を動画とかで勉強して、それをイメージしたことを稽古で出してみるという感じです」と説明した。

 特に印象に残ったのが横綱・貴乃花、若乃花の父である貴ノ花だ。「取り口は全然違うが、足腰が生命線なので足腰の強さを見習うところはある。独学なので正解が分からないが、まねしてやってみたりしている」。稽古場では下半身に意識を置き、立ち合いの足の形、組んだ時の足の幅など「いろいろ試しながらやっている」という。

 相撲を取る稽古は2~3週間前に再開した。兄弟子の白鵬にはほとんど胸を出してもらっていないが、トレーニングでは「自分を追い込んで奮い立たせろ」と言葉を掛けられ「気持ちの部分で凄く鍛えていただいています」と感謝した。

 夏場所が中止となったことで、首などの負傷箇所への不安もなくなった。「ほぼほぼよくなってきた。あとはそれをどう自信につなげていくか」。七夕の短冊には「何事もないように」と記した。1メートル69、96キロの小兵は持ち前の運動神経に足腰の強さも加え、さらなる成長を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月8日のニュース