山県亮太 バトンパスで「日本に帰れないかもと思った」…リオ銀リレーを振り返る

[ 2020年5月30日 21:28 ]

インスタライブを開催した山県(上)と高平
Photo By 提供写真

 陸上男子短距離の山県亮太(27=セイコー)が30日、北京五輪男子400メートルリレー銀メダルの高平慎士(35)とインスタライブを開催し、銀メダルを獲得したリオ五輪男子400メートルリレーについて振り返った。

 高平が「リレーの決勝はめちゃくちゃ危なかったような渡し方をしていた」と指摘すると、山県は「(バトンパスは)走馬燈のようでした。まずヤバイ、日本に帰れないかもと思った。オーバーゾーンも試走で、落としそうだった」と明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月30日のニュース