東京五輪は21年7月23日開幕、森会長「夏で合意した。今後の準備加速」

[ 2020年3月30日 20:53 ]

<五輪組織委会見>会見で五輪の新しい日程について話す森会長(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は30日、都内で会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった東京五輪の開幕が21年7月23日に決まったことを発表した。

 この日、午後6時から国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と大会組織委員会、橋本聖子五輪相、小池百合子都知事が電話会談。五輪は21年7月23日~8月8日、パラリンピックは21年8月24日~9月5日の日程で決定した。森会長は「従来通りの夏とすることで合意した。様々な課題はあるが、早期の決定は今後の準備を加速させる」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月30日のニュース