石川佳純 21年の東京五輪へ決意「さらにレベルアップした自分でコートに」

[ 2020年3月28日 22:49 ]

石川佳純
Photo By スポニチ

 卓球の東京五輪女子シングルス代表に決まっている石川佳純(27=全農)が28日、日本協会が理事会で内定を保持すると決定したことを受け「来年に延期される東京五輪でも出場の内定をいただきました」と自身のHPでコメントを発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大については「今は世界中が大変な状況になっていて、ニュースを見るたびに心を痛めています」と心境を明かした。

 1年程度延期となった東京五輪に向けて「1年後、さらにレベルアップした自分で、コートに立って21年の東京五輪を笑顔で迎えられるよう、1日1日努力していきます」とつづった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月28日のニュース