八村塁、いざNBAデビュー!24日初戦は2メートル21のポルジンギスとマッチアップ

[ 2019年10月24日 05:31 ]

ウィザーズ・八村塁(AP)
Photo By AP

 米プロバスケットボールNBAウィザーズは23日午後7時半(日本時間24日午前9時半)に今季初戦を迎え、敵地でマーベリックスと対戦する。先発が確実なドラフト1巡目新人の八村塁(21)は身長2メートル21のクリスタプス・ポルジンギス(24=ラトビア)とマッチアップすることが濃厚だ。

 23日午前に試合会場で最終調整を行い「すごく大きくて動ける選手。そういう選手とやるのは初めての経験なので楽しみ。できるだけのことをやりたい」と力を込めた。

 ポルジンギスはニックス時代の18年2月に左膝じん帯を断裂して昨季を全休したが、9日のピストンズとのオープン戦で1年8カ月ぶりに戦列復帰。19分出場18得点7リバウンドをマークしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月24日のニュース