ペイトリオッツが3度目の開幕7連勝 敵地でジェッツに圧勝

[ 2019年10月22日 13:55 ]

試合後に健闘を称え合うペイトリオッツのブレイディ―(左)のジェッツのダーノルド(AP)
Photo By AP

 NFLは21日、ニュージャージー州イーストラザフォードで第7週の残り1試合を行い、昨季のスーパーボウルを制している王者ペイトリオッツが33―0(前半24―0)で地元のジェッツに快勝。4年ぶり3回目の開幕7連勝を飾った。

 QBトム・ブレイディー(42)は45回中31回のパスを通して249ヤードと1TDをマーク。ジェッツには今季2戦2勝となり、このカードでは自身通算29勝目を挙げた。

 ジェッツは1勝5敗。2季目を迎えているQBサム・ダーノルド(22)は32回中11回しかパスを通すことができず、獲得したのは自己ワーストの86ヤード。4度のインターセプトを喫するなど、地元7万8523人のファンの前で一度も見せ場を作ることができなかった。

 ペイトリオッツ守備陣にとっては9月15日のドルフィンズ戦(43―0)につづいて2度目の“完封”で、ジェッツのオフェンス総獲得を154ヤードにまで抑え込んだ。7試合を終えてチームの得失点差はプラス175点。オフェンスもさることながら、今季のペイトリオッツは強固なディフェンスで白星を積み重ねている。

 なお第7週を終えて全勝はペイトリオッツと49ers(6勝)の2チームのみ。1敗はビルズ(5勝)、パッカーズ、セインツ(ともに6勝)の3チームとなっている。

 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月22日のニュース