ニュージーランド監督、終戦の日本称賛「南アフリカの方が少し良かった」

[ 2019年10月22日 19:01 ]

練習を見守るニュージーランドのハンセン監督(左)
Photo By 共同

 ラグビーのニュージーランドの名将ハンセン監督が、史上初の8強でW杯を終えた日本代表を称賛した。記者会見で「素晴らしかった。日本の皆さんは全てを出し尽くした彼らを尊敬している。日本のラグビーにとってすごくいいことだ」と語った。

 日本は3―26で敗れ「南アフリカの方が少し良かった。スコアは(実力を)正しく示していると思わないが、スポーツではそういうことが起こる」と話した。「私にとって成功とは必ずしも勝つことではない。彼らはベストを尽くした。大会の中の大きな成功だ」と奮闘をたたえた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月22日のニュース