宇野はチェンに次ぐ2位 4回転転倒も前向き「練習でもよくやるミス」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

フィギュアスケート ジャパン・オープン ( 2019年10月5日    さいたまスーパーアリーナ )

演技する宇野(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 男子の宇野は169.09点で、昨季世界王者のチェンに次ぐ2位だった。今季初戦は難度を落とした構成だったが、4回転フリップでバランスを崩すと、4回転トーループは転倒。それでも「予想外のミスじゃなくて、練習でもよくやるミス」と悲愴(ひそう)感はない。

 メインコーチ不在で臨む今季。「演技が終わった後に楽しかったなと思える演技ができたら。それが最大の目標」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月6日のニュース