トルソワ驚異的演技で1位 今季シニアデビューの15歳「満足」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

フィギュアスケート ジャパン・オープン ( 2019年10月5日    さいたまスーパーアリーナ )

高難度ジャンプを決めるアレクサンドラ・トルソワ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロシアの15歳、トルソワが驚異的な演技を披露した。

 冒頭に4回転サルコーを決めると、4回転ルッツ、トーループの4―3回転、4回転トーループを含む3連続ジャンプを着氷。シニアデビュー戦だった9月のネペラメモリアルでマークした世界最高得点の163.78点には及ばなかったものの、160.53点で1位。「滑りには満足」という15歳はトリプルアクセルについても「跳べるようになったら入れたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月6日のニュース