松山30位、イーグルも失速 最終戦進出へ次戦は上位必須

[ 2019年8月13日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー フェデックス杯プレーオフ第1戦ノーザントラスト最終日 ( 2019年8月11日    米ニュージャージー州 リバティー・ナショナルGC=7370ヤード、パー71 )

最終ラウンド、6番でイーグルを決め、ガッツポーズする松山。通算6アンダーで30位
Photo By 共同

 17位から出た松山英樹(27=LEXUS)は1イーグル、1バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72とスコアを落とし、通算6アンダーの30位で終えた。首位から出たパトリック・リード(29=米国)が69と伸ばし、通算16アンダーで18年マスターズ以来となるツアー通算7勝目を手にした。

 前半でイーグルを奪い、勢いに乗ったと思われた松山だが後半に失速。順位を落とす形となり「いいショットも増えているが、自信を持てていない分ビビってミスになる。これをなくすことが上位への鍵」と振り返った。

 6番パー5でグリーン奥から約20ヤードの第3打を沈めてイーグル。「うまく波に乗っていけるかと思った」。だが、後半はミスが続く。13番パー5で2打目をグリーン手前の池に入れてボギー。17番パー4ではバンカーからの第2打がアゴに当たってラフにつかまり、ダブルボギーとした。

 年間総合優勝を争う順位は33位に後退。30位までが進めるプレーオフシリーズ最終戦へは、次戦のBMW選手権での上位進出が必要となる。「しびれるところでやれるのはうれしいというか、やりたくはないけれど。いい結果が出せるように準備をしたい」と自らを奮い立たせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月13日のニュース