白井 攻めの姿勢裏目…五輪予選またも表彰台好機逃す

[ 2019年7月30日 05:30 ]

スケートボード ストリートリーグ(SLS)第2戦 ( 2019年7月28日    米カルフォルニア州ロサンゼルス )

男子決勝で演技する白井
Photo By 共同

 男子の白井は、2位だった先月のデュー・ツアーに続いて五輪予選2戦連続となる表彰台に立つ好機を逃した。

 45秒間で技を連発する「ラン」は2回合計で17・9点のトップに立ったものの、一発技を争う「ベストトリック」は攻めの姿勢が裏目に出て2回目以降は全て失敗。場内を沸かせるシーンもあったが、転倒の際に手を痛めた影響もあってか失速し、落胆した表情で会場を後にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月30日のニュース