八村と一問一答 自己ベスト25得点「1試合ずつ慣れてきている」

[ 2019年7月12日 12:02 ]

サマーリーグ3戦目の出場を果たしたウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 NBAウィザーズの八村塁(21)は11日(日本時間12日)、米ラスベガスで行われたサマーリーグのホークス戦に先発して31分50秒プレーし、両軍最多、自己ベストとなる25得点をマークした。3点シュートを3本中2本、フリースローは6本中5本決め、9リバウンド2ブロックショットもマークし、76―71の勝利に貢献した。

 試合後の八村との一問一答は以下のとおり。

 ――今日は3試合の中で最高の25点、NBAで戦う自信になったのでは。

 「そうですね、サマーリーグはやっぱりNBAに入るために見せる選手がいっぱい来ているようなところなんですけど、そういう中でもちゃんと結果を出せて良いと思います。チームとしても今日勝ったので良かったんですけど、まあ、やっぱりディフェンスの部分とかで甘いところがけっこうあったので、今日の出だしも弱いところがあったので、そこは次のゲームではちゃんと修正したいなと思います」

 ――ディフェンスでも積極的に相手にボールを持たせないようにプレッシャーをかけていたように見えたが。

 「そうですね。僕の特徴というか、強みである、体が大きいんですけど、その中でも速く俊敏に動けるというところを生かしてて、ディフェンスでもオフェンスでもそういうところを今日は見せたかったので、ディフェンスでもそういうところを見せられてよかったんじゃないかなと思います」

 ――3ポイントも2本決めた。

 「毎日毎日練習していることなので、やっぱり自分で自信持って打つって気持ちでやりました」

 ――出だしは苦しんだように見えたが、ベンチに下がってその後スイッチが入ったように見えた。出だしはリズムに乗りにくかったのか。

 「そうですね、最初はやっぱり自己中なやつが、エゴが出ているような、チーム内でもパス出すところを出さなかったり、ディフェンスでもカバーし合わなかったりあった。そこで1回みんなで話し合ったというか、切り替えて、もう1回チームで頑張ってやろうって話で2クオーターに入ってやりました」

 ――今までの試合に比べ、オフェンス面でアウトサイドでプレーしている時間が長かったが。

 「それが僕の強みというか、中でも外でもできるっていうのが強みなので、そういう中でも今日は大きい、ちょっと動けないような選手が僕についていたので、そういう中で外が多かったんじゃないかと思います」

 ――ディフェンスと3ポイントが課題と言われてきたと思うが、きょう実際に試合で決めたのは気持ちの面でも自信になるか。

 「そうですね、やっぱり何だかんだ言われて、ディフェンスとかスリーのこととかも言われていますけど、僕はずっと練習してきていますし、その中で、試合の中で見せられたっていうのは、今言ったとおり大きいんじゃないかなと思います」

 ――サマーリーグレベルだと全く問題ないと思えるようなプレーぶりだが、実際アジャストしなくてはいけない苦労は。

 「やっぱり1、2試合、今日もそうですけど、まだスペーシングのところが本当に違うので、やっていてもカレッジと本当に違うので、そこはまだ慣れようとしてやっています。他にもいろんな細かいところで“いつもと違うな”っていうところがあるんですけど、そこをまた試合、もっとどんどん入ってくるので、そこで調整できたらいいと思います」

 ――うまくいかない時でも慌てないのが良いとコーチも言っていたが、きょう前半うまくいかずに自分の中で焦りはしなかったか。

 「ちょっとカレッジと違うところだなって思うのは、NBAでも今日は(1つのクオーター)10分でやっているんですよね?でも、なんかけっこう長いような感じがあるので、その中で1クオーターがだめでも、2クオーターですぐ切り替えられるのが大きいって思います。カレッジはけっこう1クオーターそのままバーッてやるので、すごい切り替えるの難しいんですけど、NBAになっても12分とかになると思うので、ですよね?(笑い) その、はい、それでもっと切り替えやすいんじゃないかなと思います」
 
 ――シュートの確率が最初の2試合よりかなり上がったが、良い状態か。

 「そうですね、うーん、ゲームの感覚にも慣れてきて、僕の今までやっていたような、シュートのリズムとかそういうのにも、このゲームに合わせられるようになってきていると思う。まだまだ学ぶことはいっぱいあるのと思うので、そこはゲームとか練習でしっかりやっていきたいなと思います」

 ――サマーリーグここまでの評価は。

 「チームは2勝2敗ぐらいなので、やっぱりチーム的にはもっとできると思うんですけど、スケジュールもすごいタフで、僕も試合出られなかったりとか、あと今、トロイ(ブラウンJr)も出れなかったりしたので、そういう中でどれだけチームとしてやっていけるか。練習も全然してきてないので、短い期間でやっているので、そういう中でもどれだけやれるかっていうのが大事じゃないかなと思います」

 ――個人としては。

 「個人としては、まあまあじゃないですかね。評価というより、やっぱり僕はゲームにどれだけ慣れるかっていうのが今回の目標というか、そうやってきたので、その分では今だんだん1試合ずつ慣れてきているっていうのは感じます」

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月12日のニュース