渡辺雄太、2試合連続の欠場 左足を痛め、今大会は「もう出ないかも」

[ 2019年7月12日 14:51 ]

2戦連続で欠場したグリズリーズの渡辺(AP)
Photo By スポニチ

 NBAのサマーリーグにグリズリーズの一員として参加している渡辺雄太(24)は11日(日本時間12日)、米ラスベガスで行われたサマーリーグのセルティクス戦にベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。左ふくらはぎの痛みで10日のサンズ戦も出番がなく、2試合連続の欠場。試合は87―113で敗れた。

 グリズリーズは13日(同14日)にセルティクスと再び対戦するが、渡辺は「(故障箇所は)足です。(今大会は)もう出ないかもしれません」とコメントした。

 グリズリーズのタイラー・ジェンキンズ・ヘッドコーチは試合後、取材に応じた。

 ――ユウタは先日、ふくらはぎに痛みがあると言っていたのですが、それがきょう試合に出なかった理由でしょうか?

 「そうだ。彼はこの2日ほど、ふくらはぎに痛みを抱えている。夏のこの時点で、この後、代表の忙しいスケジュールが待っているし、私たちにとっては(選手の)健康が一番大事なことだ。だから、大事を取って1日1日、治療にどう反応するかを見て判断することになる。この2試合は慎重に、大事を取って判断した」

 ――次の試合にプレーするかどうかは、まだ分からないですか?

 「うちのメディカルチームが検査をしていて、情報を得ている。治療にはよく反応しているけれど、痛みがある限りは危険を犯したくない」

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月12日のニュース