奈紗 今大会ベストで40人抜きフィニッシュ 次週連覇へ弾み

[ 2019年6月25日 05:30 ]

米ゴルフツアー 全米女子プロ選手権最終日 ( 2019年6月23日    米ミネソタ州チャスカ ヘーゼルティンナショナルGC=6807ヤード、パー72 )

9番で7個目のバーディーを奪い、ガッツポーズの畑岡奈紗
Photo By 共同

 54位から出た畑岡奈紗(20=森ビル)が今大会最少の65を叩き出し、通算2アンダーの14位に入った。昨年、米ツアー初優勝を果たした次週アーカンソー選手権へ弾みをつけた。横峯さくら(33=エプソン)は通算7オーバーの60位。初日から首位を走った世界ランク114位のハンナ・グリーン(22=オーストラリア)が通算9アンダーでツアー初優勝を飾った。

 最終9番で10メートルのバーディーパットを沈めると右手でガッツポーズ。会心の40人抜きで畑岡の顔に笑みが戻った。

 「自分の思っているようなゴルフがやっとできて凄くうれしいです」。インから出ると11番で2・5メートルを沈めて今大会初めてバーディーが先行。17番では140ヤードを9Iでピン手前1・5メートルに運んだ。昨年に自ら打ち立てた最終日の大会記録64には1打及ばなかったが、存在感は示した。

 3日目終了後はショッピングモールでジェットコースターに乗って絶叫。「これまでの3日間のことは忘れて全て発散しました」となえかけたハートに生気が戻った。次戦は前年覇者として迎えるアーカンソー選手権。87、88年のイナモリ・クラシックを制した岡本綾子以来米ツアー日本人2人目の大会連覇へ「ショットのイメージも良くなってきたのでしっかり頑張りたい」と切り替えた。

 ▼60位横峯さくら 欲を言えば、一日はアンダーパーで回りたかったですね。悔しいというより実力不足だなと思います。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月25日のニュース