羽生結弦、4回転ループ3連続成功“邪念”捨て23日フリーで決める

[ 2019年3月22日 18:50 ]

フィギュアスケート世界選手権第3日 ( 2019年3月22日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア男子練習>夕方からの練習に姿を見せた羽生結弦はフリーの曲かけ練習(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 23日の男子フリーに向け、21日のショートプログラム(SP)で94・87点で3位発進した羽生結弦(ANA)がサブリンクで調整した。午後1時10~50分に行われた、この日1回目の練習には姿を見せなかったが、2回目の割り当てとなる同6時10分からの練習に参加した。

 大会前の会見で「跳ばないといけないという使命感が、ものすごく今回ある」と話していた4回転ループ。「Origin」が流れる前に1度クリーンに決め、曲かけでは1回転になった。練習の後半は何度もループに挑み、3連続で成功するシーンも。右足首負傷からの復帰戦だった18年平昌五輪ではループを回避して戴冠。五輪でプログラムに入れられなかったからこそ、と当初は意気込んでいた。

 だが、3位となった21日のSP後、報道陣との対話の中で変化が生まれる。「そういう気持ちでいたけど、もういいや。今インタビューをされてて思ったけど、この試合に集中しないといけない」。“平昌超え”という思いは邪念とし、あくまでも今大会のためにループを跳ぶと決めた。

 SPでは107・40点で首位のネーサン・チェン(米国)に12・53点差をつけられた。世界選手権で男女通じて最大の逆転劇は、16年大会の男子。SP首位の羽生がハビエル・フェルナンデス(スペイン)に12・04点差をつけながら、フリーで逆転を許した。

 歴史を塗り替えて、3度目の世界選手権制覇へ。17年に10・66点差を逆転して金メダルをつかんだ経験が背中を押す。「ものすごく悔しいので、フリーに向けて今できることを1つずつ重ねていきたい」。羽生は知っている。追われる者のもろさも、追う者の強さも。冒頭のループを決めた時、奇跡の扉は開かれる。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月22日のニュース