36歳・藤田真実さん、NFLチアリーダー挑戦へ 一度は引退も「後悔ないように」

[ 2019年1月1日 05:00 ]

NFLのチアリーダーに挑戦する藤田真実さん(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 アメフットXリーグ・エレコム神戸に所属するチアリーダーの藤田真実さん(36)が、NFLのチアリーダーに挑戦することが31日、分かった。早大応援部チアリーダーズを経て、過去にVリーグ東レやFリーグ・シュライカー大阪、プロ野球オリックス、Bリーグ滋賀などで活躍。一度は現役を引退して指導者の道に入り、小学校教諭としても働いていたものの、夢を追いかけて入団テストを受けることを決めた。

 「以前から挑戦したい気持ちがあったけど、金銭面や技術面で不安があった。でも、ずっと未練があったし、同い年の友人が合格しているのを見て“やりたいな”と思った」

 大学生時代、TV番組「情熱大陸」でNFLのチアリーダーに挑戦する石田季子さんと安田愛さんの姿を見て、その姿に憧れを抱いた。その思いを現役引退後に一度は封印。指導者としても、教え子が米国で開かれた大会に出場するまでになった。小学校教諭としても、充実した日々を過ごしていた。

 だが、躍動する同学年に刺激を受け、かつての熱い気持ちが再燃してきた。狭き門だということは承知の上で、エレコム神戸でチアリーダーとしての活動を再び始め、今年に入ってNFLに挑戦することを決断した。

 「チアを再開して、また世界が広がった。いろんな方に応援してもらっているし、今は凄く楽しみな気持ち。後悔のないように、楽しんでやりたい」

 Xリーグのシーズンを終えている今、仕事をこなしながらジムでのトレーニングや自主トレなどで汗を流し、英語の習得にも励んでいる。今春に渡米し、サンフランシスコ49ersなどの入団テストを受ける予定だ。

 「チアリーディングで大事なのはスキル、ビジュアル、スピリットの三角形。それがキレイな三角形になるように、自分自身で書き出しながら、足りないものを埋められるようにやっています」

 夢をかなえるために――。決意と覚悟を胸に、海をわたる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月1日のニュース