相撲協会 元貴親方に2000万円支給 退職金と功労金で

[ 2018年12月12日 05:30 ]

元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏
Photo By スポニチ

 日本相撲協会の評議員会が11日、東京・両国国技館で開かれ、10月に退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)に対する、退職金と功労金を支給することを決議した。金額は非公表ながら、芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は、「規定通りになっていると思います」と話した。約1000万円とみられる退職金に加え、協会への貢献度などに基づく功労金も、同水準の1000万円程度が支払われる見込み。功労金は、協会理事を4期8年務めた実績が考慮される。

 付け人に暴力を加えて7日に現役を引退した元幕内・貴ノ岩の暴行問題を受けて、協会は19日に十両以上の関取衆を集めて特別研修を行う。来年2月の予定を、前倒しして実施することに同広報部長は、「スピード感を持ってやっています」と危機感を示した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月12日のニュース