羽生、今季初戦オータム・クラシック出場へ 約7カ月ぶり実戦

[ 2018年7月21日 05:30 ]

羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪金メダリストの羽生結弦(23=ANA)が、今季初戦としてオータム・クラシック(9月20〜22日、カナダ・オークビル)に派遣される見通しであることが20日、分かった。平昌五輪以来、約7カ月ぶりの実戦で23日の日本スケート連盟の理事会で承認されるとみられる。

 羽生は2月の五輪後、右足首の治療に専念するため、3月の世界選手権を欠場していた。練習拠点のトロントと同じカナダで行われるオータム・クラシックには4年連続の出場となる。シーズンの本格的な開幕を告げるグランプリ・シリーズは第3戦のフィンランド大会(11月2〜4日、ヘルシンキ)、第5戦のロシア杯(同16〜18日、モスクワ)にエントリーしている。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年7月21日のニュース