故斉藤仁氏次男・立がV 全て一本 柔道ロシアジュニア国際

[ 2018年4月17日 05:30 ]

 柔道のロシアジュニア国際(サンクトペテルブルク)は15日に最終日が行われ、男子100キロ超級の斉藤立(たつる=国士舘高)が4試合オール一本勝ちで優勝を果たした。

 斉藤は五輪2大会連続金メダリストの故斉藤仁氏の次男。決勝では地元ロシア選手に対し、延長戦の末に大外刈りで一本を奪った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年4月17日のニュース