小平勝因は高精度ショット、世界1位ジョンソン上回る数値記録

[ 2018年4月17日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー RBCヘリテージ最終日 ( 2018年4月15日    米サウスカロライナ州ヒルトンヘッド ハーバータウン・リンクス=パー71、7099ヤード )

RBCヘリテージ最終日 プレーオフでバーディーパットを決め、喜ぶ小平
Photo By ゲッティ=共同

 強風の難コンディションで行われた最終ラウンドで、小平の勝因となったのが精度の高いショットだった。今大会4日間のティーショットの平均飛距離は271・6ヤードで全体65位だったが、フェアウエーキープ率は75%で4位。パーオン率は7位の約68%と、正確性で世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)ら飛ばし屋たちを上回った。最終ラウンドも上位陣が伸び悩む中で、フェアウエーを外したのは2度。パーオン率も4日間で自己最高の約72%と真価を発揮した。

 昨季、日本ツアーで2勝を挙げて賞金ランキングは自己最高の2位。26戦に出場して平均ストローク、パーオン率、バーディー率でトップの数字を残した。自他共に認める日本屈指のショットメーカーが最高峰のツアーでも持ち味を発揮した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年4月17日のニュース