「陸王」モデル“伝説の靴職人” 記者会見で職人魂 箱根往路Vシューズに異議

[ 2018年1月17日 15:09 ]

ニューバランスと専属アドバイザー契約を結んだ三村氏
Photo By スポニチ

 名ランナーのシューズを手掛けてきた靴職人の三村仁司氏(69)が17日、スポーツ用品メーカーのニューバランスと専属アドバイザー契約を締結し、都内で記者会見に出席した。三村氏は「ニューバランスはまだ改良の余地はある。先に進んでいるメーカーあるので、追いついて追い越さないといけない。一緒に協力してNO・1を目指したい」と力強く語った。

 TBSドラマ「陸王」に登場するシューフィッターのモデルともされる伝説の靴職人が今度は世界を舞台に活躍する。昨年1月以降、4社からオファーを受けたというが「(ニューバランスに)選手を強くしたいという思いに理解をもらい、方向性が一致した。やりたいことがやれる場所だった」と契約に至った理由を明かした。

 契約期間は1月1日から8年間で、同社では商品開発のアドバイスや契約選手のシューズ作製、直営店の研修など多岐にわたる。「東京五輪ではマラソンを中心に選手を強くしていきたい。期待に応えるような物作りをしなければいけない」と抱負を語った。

 一方で、今年の箱根駅伝で往路優勝した東洋大がナイキ社の厚底シューズを履いていたことに話題が振られると職人魂が刺激されたのか三村氏は「はっきりいって反対。キックするときクッションありすぎると早く疲れる。悪いとは言わないが、足首が痛くなる要素が大ですよね…」とチクリと釘を刺していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年1月17日のニュース