競歩・荒井がMVP、世陸で銀 陸連年間表彰式 桐生に特別賞

[ 2017年12月20日 05:30 ]

日本陸連アスレティックスアワード2017授賞式を終えた(前列左から)安藤、サニブラウン、荒井、小林(後列左から)飯塚、多田、桐生、藤光
Photo By スポニチ

 日本陸連は19日、都内で年間表彰式「アスレティックス・アワード」を行い、ロンドン世界選手権男子50キロ競歩で銀メダルを獲得した荒井広宙(29=自衛隊)が最優秀選手に選ばれた。荒井は「日本の競歩は誰が出ても強いことを証明できた」と喜びを語った。

 また、男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98をマークした桐生は特別賞を受賞。「世界の部分ではまだ活躍できていない。速さと強さのある選手になりたい」と話していた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月20日のニュース