小林会長 奈紗2勝目を分析「米ツアーでの経験のたまもの」

[ 2017年9月25日 10:44 ]

女子ゴルフツアー ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン最終日 ( 2017年9月24日    宮城県利府町 利府ゴルフ倶楽部=6551ヤード、パー72 )

ミヤギテレビ杯最終日 優勝を決めた畑岡(右)は李知姫(中央)と笑顔でハグ
Photo By スポニチ

 日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は「アンジュレーションのきつい所が多い米ツアーでの経験のたまもの」と畑岡のゴルフを分析した。自身も米ツアーで活躍。パッティングの正確さを最大の勝因に挙げ、「“やっぱり違うんだな”というのを私も含めて皆さんが感じたと思う」と称賛した。

 米ツアーでは苦戦が続いたが、母・博美さん(47)が「自然と話せるようになったのかな」と話すように日常生活には困らない程度の英語力も身に付いたという。来季も米参戦となれば、語学力向上は大きな力になるはず。師匠の中嶋常幸プロは「今季は苦しいことも多かったと思う。その経験がこの2勝目につながった。もっと強くなってほしい」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年9月25日のニュース