×

ナダル、4年ぶり4強入り

[ 2017年9月7日 07:52 ]

全米オープン男子シングルス準々決勝で、4年ぶりの4強入りを決め、ガッツポーズのナダル(AP)
Photo By AP

 テニスの全米オープン第10日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、シングルス準々決勝で男子の第1シード、ラファエル・ナダル(スペイン)が世界ランキング53位の19歳、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)を6―1、6―2、6―2で下し優勝した2013年以来の4強進出を果たした。

 女子は第20シードのココ・バンダウェイ(米国)が第1シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)を7―6、6―3で破り、準決勝へ進んだ。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年9月7日のニュース