×

21歳新人・星野、シード片岡食い「自分の流れをつくれた」

[ 2017年9月7日 05:30 ]

ISPSハンダ・マッチプレー選手権第3日 ( 2017年9月6日    千葉県市原市 浜野ゴルフクラブ=7217ヤード、パー72 )

<ISPSハンダ・マッチプレー選手権第3日>3回戦、4アンド3で片岡大育(右)を破り握手する星野陸也
Photo By スポニチ

 21歳のルーキー、星野がシード選手の片岡を4&3で下し「うまく自分の流れをつくれた」と喜んだ。

 1UPで迎えた6番のパー5。1メートルのバーディーチャンスに付けた片岡に対し、奥のラフからの8メートルをチップインイーグルで突き放した。

 浜野ゴルフクラブは日大時代の15年に関東アマで10回以上回り、いいイメージを持っている。「目標は初優勝なので、ここまで来たら狙いたい」と賞金5000万円に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年9月7日のニュース