×

沙羅、夏総合V視野も“冬を最優先”「新しい収穫があれば」

[ 2017年9月7日 05:30 ]

ロシアでのW杯に向けて出発した高梨沙羅
Photo By スポニチ

 ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅(20=クラレ)ら男女の日本代表が6日、ロシアで行われるグランプリ最後の2連戦に向けて成田空港から出発した。

 高梨は現在総合ランキング2位で、40点差で1位の伊藤有希(23=土屋ホーム)は今遠征に不参加。ライバル不在の中で6年連続の総合優勝を狙うことになる。

 もっとも高梨にとっては冬に向けた調整が最優先。「今までもそうだが、あまり夏を考えたことはない」と語り「本番は冬。やるべきことをやって新しい収穫があればいい」と足元を見つめた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年9月7日のニュース