鶴竜、白鵬破り1敗死守 稀勢は3敗目 玉鷲が三役初の勝ち越し 

[ 2016年11月25日 18:04 ]

大相撲九州場所12日目 ( 2016年11月25日    福岡国際センター )

白鵬を下した鶴竜
Photo By スポニチ

 大相撲九州場所13日目は25日、福岡国際センターで行われ、横綱鶴竜が白鵬を寄り切りでしりぞけ単独首位を守った。

 横綱・日馬富士は豪栄道を上手投げで下し、11勝2敗で首位の鶴竜を追う。白鵬は鶴竜に寄り切られ4敗目を喫した。

 前日、首位の鶴竜に土を付けた稀勢の里は栃ノ心に下手投げで敗れ3敗目。琴奨菊は突き落としで栃煌山を下したが4勝9敗。

 玉鷲は照ノ富士を送り出して三役では初の勝ち越し。新入幕の石浦は荒鷲に、はたき込みで敗れ3敗に後退した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月25日のニュース