海老沢会長正式退任表明 青木新会長推薦「なってもらいたい」

[ 2016年2月23日 05:30 ]

青木功

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)の理事会が都内のホテルで行われ、海老沢勝二会長(81)が今年3月の任期満了をもって退任する意向を表明し、後任として青木功(73=フリー)を推薦した。海老沢会長は理事も退任する。新会長は3月4日の社員総会、理事会で正式決定する。理事会終了後に海老沢会長は「退任しますと言った。新しい会長には青木さんになってもらいたいと伝えた」と明かした。異論は出なかったという。

 会議の中で海老沢会長は、青木を含む新理事のリストも提案した。数人が交代するもようだが「新しい理事については私と青木さんで調整して3月4日の総会に諮る」と今月末にもハワイから帰国する青木の意見を聞いた上で修正する可能性があることを示唆した。

 理事会に出席した選手会会長の宮里優作(35=フリー)は「青木さんの会長就任に向けてある程度進んだ。青木さんが会長になることで選手会とJGTOの連携が取れることを期待している」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年2月23日のニュース