愛 世界一へハートで足固め「名前が愛なので」

[ 2016年2月23日 05:30 ]

世界卓球用の新しいシューズを手に笑顔の福原。イヤリングもネックレスもハートマーク

 卓球の世界選手権団体戦(28日開幕、マレーシア)に出場する男女の日本代表が都内で練習を公開し、女子は仮想・北朝鮮練習に時間を割いた。29日に当たる強豪は国際舞台への登場が少なく情報量が少ない。ミステリアスな球質を克服すべく、主将の福原愛(27=ANA)は20日の合宿開始から「男子だったりいろんなカット型と練習している」と対策を明かした。

 北朝鮮のオーダーはカット型2人とサウスポー1人が濃厚。1試合で2度登場する可能性が高い福原は「カット型から左、その逆でもボールの回転量やスピードが変わる。準備が必要」と緩急への警戒を募らせた。

 世界選手権用に靴を新調。ピンクの下地にハート形の模様を無数にちりばめた。「名前が愛なので」。トレードマークをまとって愛は勝つ。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年2月23日のニュース