日本3位 2戦連続の表彰台 W杯ジャンプ団体第5戦

[ 2016年2月23日 13:55 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は22日、フィンランドのクオピオで団体第5戦(HS127メートル、K点120メートル)が行われ、竹内択、作山憲斗(ともに北野建設)伊東大貴(雪印メグミルク)葛西紀明(土屋ホーム)の日本は合計935・4点で3位となり、2戦続けて表彰台に立った。

 日本は1回目5位。2回目は竹内が132・5メートルで順位を上げ、エースの?西も125メートルを飛んでオーストリアとの3位争いを制した。ノルウェーが優勝、ドイツが2位だった。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年2月23日のニュース