ボルト 200M4連覇で2冠!世陸10個目の金 ガトリンまた銀

[ 2015年8月27日 21:56 ]

<世界陸上北京大会6日目>男子200M決勝、優勝したボルト(右)とガトリン

 陸上の世界選手権第6日は27日、中国・北京で行われ、男子200メートル決勝は世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が勝ち4連覇、100メートルとの2冠を達成した。タイムは19秒55。

 100メートル銀メダルのジャスティン・ガトリン(33=米国)はまたも2位だった。

 レースは6コースのボルトと4コースのガトリンが飛び出し、コーナー出口で一騎打ちに見えたがボルトがさらに伸び最後は余裕のゴールとなった。

 ボルトは100メートルに続き、世界選手権10個目の金メダルで自らの持つ最多記録を更新した。

 【ボルトの世界選手権金メダル】
09年・ベルリン=100M、200M、4×100Mリレー
11年・大邱=200M、4×100Mリレー
13年・モスクワ=100M、200M、4×100Mリレー
15年・北京=100M、200M

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月27日のニュース