前田、桜ネイルで勝負駆け!初の世界舞台にも気負いなし

[ 2015年8月27日 05:30 ]

ゴールドと桜をあしらったネイルで世界選手権へ出発した女子マラソン代表の前田

世界陸上

 30日号砲の女子マラソンに出場する前田彩里(23=ダイハツ)が関西国際空港発の航空機で北京入りした。初の世界大会へ向け、意気込みは指先からだった。試合前は必ずどこかにゴールドを入れるこだわりのネイル。今回は中指が金一色で、他はネイリストに任せたところ「日本代表=桜」となり、桜の花びらがちりばめられた。

 気分の上がるネイルで出陣も、レースについてはマイペースを貫くつもりだ。「あんまり誰が出るか分かっていないので…」と海外選手はノーマーク。日本人トップで8位以内に入ればリオデジャネイロ五輪の内定を得られる好機にも「入賞は目指したいけど、駄目だったら予選に出ればいいかなって思ってます」とあっけらかんと言い放った。惨敗に終わった男子の分まで自然体の前田が快走を披露する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年8月27日のニュース