ワールドラグビー 9月末までにW杯新計画提出要求

[ 2015年8月27日 11:27 ]

 ラグビーの国際統括団体のワールドラグビー(WR)は27日、公式サイトを更新。2019年W杯日本大会のメーン会場としていた新国立競技場の建設計画見直しを受け、大会組織委員会に対し9月末までに代替会場など新計画の提出を求める声明を発表した。

 WRは日本政府の新国立競技場建設計画見直しに失望したことを訴え、新国立競技場が使えなくなることでチケット収入の減少と、資金繰りに深刻な影響を与えると懸念を表明した。

 19年W杯日本大会をめぐっては、開幕戦と決勝の会場に予定していた新国立競技場の完成が間に合わず、大会組織委が代替会場の選定を進めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月27日のニュース