エディージャパン、メンバー大幅入れ替え W杯前最後の国内試合

[ 2015年8月27日 18:40 ]

 日本ラグビー協会は27日、リポビタンDチャレンジカップ2015(29日、秩父宮)でウルグアイと対戦する日本代表の登録メンバー23人を発表した。

 22日の同戦(レベスタ)からは先発8人を変更する大幅な入れ替えで、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチは「日本国内で(W杯前)最後の試合となる。ファンの皆さんの前で、W杯で新しい歴史を作るために進化を続けている日本代表をお見せできるのを楽しみにしている。今季最強のメンバーを選出したと思っている」とコメントした。

 リザーブには2月に脚の故障をして以来の実戦となる、ロック真壁伸弥(サントリー)が入った。31日のW杯メンバー発表前最後の試合での復帰に「ここまで戻ってこられたのは、コーチやスタッフ、チームメートや所属チームのサポートがあったからこそ。ようやくピッチに立てるので、体を張ってやっていきたい」と意気込みを語った。

 ジョーンズ・ヘッドコーチは25日にW杯終了後の11月1日に退任することを発表したばかり。W杯前、そしてエディージャパンとしても最後の国内戦で、大一番へはずみの付く勝利をファンに届ける。

 先発メンバーは次の通り。

▽FW
三上正貴(東芝)
大野均(東芝)
リーチ・マイケル(東芝)
堀江翔太(パナソニック)
畠山健介(サントリー)
ツイ・ヘンドリック(サントリー)
トンプソン・ルーク(近鉄)
マイケル・ブロードハースト(リコー)

▽HB
田中史朗(パナソニック)
小野晃征(サントリー)

▽TB
福岡堅樹(筑波大)
クレイグ・ウィング(神戸製鋼)
マレ・サウ(ヤマハ発動機)
松島幸太朗(サントリー)

▽FB
五郎丸歩(ヤマハ発動機)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月27日のニュース