ボルトVSガトリン再び!男子200メートル制するのは?

[ 2015年8月27日 05:30 ]

男子200メートル準決勝、3組1着で通過したボルト(左)=AP

世界陸上第5日

(8月26日 中国・北京=国家体育場)
 男子200メートル準決勝で、3組のボルトと2組のガトリンはともに1着で通過。0秒01差の100メートルに続き、再び決勝で相まみえる。

 ボルトは自身今季最高の19秒95をマーク。最後は流して隣のレーンを見ながらゴールした。この種目初の4連覇が懸かる王者は「いい走りだった。200メートルは俺の種目。(ガトリンとの)対決を楽しみにしている」と自信をのぞかせた。ガトリンは向かい風0・2メートルの条件下で全体トップの19秒87。序盤から飛ばし、こちらも悠々とフィニッシュした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月27日のニュース