A・マリーがラオニッチ撃破 錦織の準決勝進出の条件は…

[ 2014年11月12日 07:03 ]

ラオニッチを下し、1勝1敗としたA・マリー(AP)

 男子テニスの今季最終戦、ATPツアー・ファイナルは11日、ロンドンのO2アリーナで行われ、シングルス1次リーグB組で世界ランキング6位のアンディ・マリー(27=英国)が同8位のミロシュ・ラオニッチ(23=カナダ)を6―3、7―5で下して1勝1敗とした。

 これでB組はロジャー・フェデラー(33=スイス)が2勝、錦織圭(24=日清食品)とA・マリーが1勝1敗、ラオニッチが2敗となった。

 1次リーグ順位決定方法は(1)勝ち数(2)試合数(2勝1敗と棄権を含む2勝0敗なら前者が優先)(3)当該選手の直接対決の成績。錦織が最終戦でラオニッチに勝ち、フェデラーがA・マリーを破れば、2位が確定。2勝1敗か1勝2敗で三すくみになった場合には(1)全試合でのセット獲得率(2)全試合でのゲーム獲得率(3)世界ランキングで順位を決定する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年11月12日のニュース