米初V見えた!上原 小技さえて3位浮上「上意識してプレーを」

[ 2014年3月31日 05:30 ]

第3ラウンド、2番でパットを打つ上原彩子

USLPGAツアー 起亜クラシック第3日

(3月29日 米カリフォルニア州カールスバッド アビアラGC=6593ヤード、パー72)
 15位から出た上原彩子(30=モスフードサービス)は5バーディーの67で回り、通算8アンダーで首位に2打差の3位に浮上した。小技がさえてボギーはなく、米ツアー初優勝を射程に捉えた。宮里藍(28=サントリー)は73と落として通算2アンダーの32位。野村敏京(21=フリー)は70で回り通算1アンダーの44位。クリスティ・カー(36=米国)ら2人が通算10アンダーで首位に並んだ。

 沖縄生まれの上原が、強まる風にも負けじと終盤にギアを上げた。ティーが前に出て実質285ヤードと距離のない16番パー4。「イーグルのチャンスがある」と果敢に攻めて1Wで1オンに成功。バーディーを奪って3位に浮上し「みんな伸ばしてくるから私もガンガンいく」と意欲を見せた。

 パット数を24に抑えてスコアを伸ばした。2つ伸ばして折り返し、10番は6メートルを決めてバーディー。15番はグリーン奥のラフからチップインバーディーを奪った。ショットを左へと曲げた17番パー5は「完璧」という第4打でラフを脱出。エッジからの4メートルを一発で沈め「あれは大きかった」とボギーなしのラウンドを喜んだ。

 距離は出ないが確実にフェアウエーを捉え、小技で勝負するタイプ。昨季米ツアー14位だったパットは今オフさらに磨きをかけて2年目のシーズンに備えた。米ツアー初優勝を狙える位置に「上を意識してプレーしたい」。普段はポーカーフェースの30歳が勝負師の顔に変わった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2014年3月31日のニュース