JOC 寄付強要告発でホッケー協会に報告要求

[ 2014年3月31日 21:06 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)が認定したホッケーの元専任コーチが、在任中に日本ホッケー協会の幹部にコーチ報酬の一部寄付を強要されたと告発した問題で、JOCは31日、日本協会に文書で報告を求める方針を固めた。JOCの平真事務局長は「経緯と見解が分からないので、報告してほしいということ」と説明した。

 元専任コーチは2009~11年度に計1130万円を寄付したとし、協会幹部から「出さなければ今の地位はないぞということを言われた」と主張している。専任コーチ報酬は3分の2を国庫補助金が占め、残りを競技団体が負担する仕組みで、競技団体負担分を回避するための不適切な寄付が問題化していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2014年3月31日のニュース